3歳

飛び出すリボンのしかけで虹を作る!『What Makes a Rainbow?』読んでみた。

 

今回紹介するのは、娘が幼い時からお気に入りの英語絵本。

子供が夢中になるしかけ付きなんです。

 

この絵本を読みすぎて、娘が最初に言い始めた英語は"Rainbow"だったほど。

可愛いイラストとカラフルな世界、飛び出すしかけ絵本をご紹介します。

 

What Makes a Rainbow ?

 


What Makes a Rainbow?: Pop-Up

カタカナ
漢字
ページ数 15ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBN:9781581170764

 

どんな本?

 

雨がやんできたある日、子うさぎがお母さんに聞きました。

「虹って、何でできているの?」

その答えを自分で探すため、子うさぎは色々な友達に聞いてみることにしました。

 

最初に聞いたのは、苺の葉にとまる赤いてんとう虫。てんとう虫の答えは…”RED!”

次に聞くのは、オレンジの木の下にいるキツネ。キツネの答えは…”ORANGE!”

黄色いヒヨコ…

緑のバッタ…

と、全部で6匹の友達に聞いて回ります。

 

この絵本、聞いていくごとに、ページ上にその色のリボンが出てくるしかけが付いています。

6色目の紫を聞いたときに、絵本上にリボンでできた虹が完成する仕組み。

 

そして最後のページでお母さんに答えを聞かれた子うさぎのところには、飛び出すしかけも!

遊び心がたっぷり詰まった、カラフルな絵本です。

 

感想

 

この絵本、日本でも人気があり探している方が多いようです。

我が家でも子供のお気に入りで、もう何回読んだかわかりません。

 

英文は一見細かくたくさん書かれているように見えますが、実は簡単な単語ばかりで難しくありません。

セリフ形式が多いので、声色を変えて読むことで子供もすぐに理解してくれました。

 

虹って、日本では7色と言われますがアメリカでは「6色」なんです。

なのでこの絵本も虹が6色で表されています。

 

色ごとにリボンが登場する仕組み、本当によくできていて「どうなっているんだろう?」と気になってしまいます。

しかけ好きのお子様と、英語で色を覚えたい方におすすめの1冊。

ボードブックなので小さなお子様にもおすすめです。

 

by Betty Schwartz Illustrated by Dona Turner

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告