3歳

物の見方が変わる絵本!『Which is Round? Which is Bigger?』読んでみた。

 

どっちが大きい?

どっちが丸い?

 

幼稚園に通う娘には易しすぎる絵本かな?と思っていたら…

めくってびっくり。

 

自分が正しいと思っているものが、実は違うかも。

物の見方が変わる、革命的な絵本をご紹介します。

 

Which is Round? Which is Bigger?

 


Which Is Round? Which Is Bigger?

カタカナ
漢字
ページ数 25ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9781554539734

 

どんな本?

 

リンゴと、アルマジロ。

丸いのはどっち?

 

絵を見れば簡単、どう見ても、りんごです。

 

じゃあ、食べられて芯だけになったりんごと、丸まったアルマジロだったら…?

さぁ、今はどっちが丸い?

 

こんな風に、自分の当たり前が実は違うということに気付く絵本。

「丸い」「大きい」「長い」「速い」「高い」「赤い」

の6つの項目で、絵を見ながら考えます。

 

"Which is ○○?"

"What do you think?"

出てくる英語はこのパターンのみ。

わかりやすい絵もあるので、英語が得意でなくても挑戦しやすいです。

 

自分の固定観念に気付き、ハッとする絵本。

「大きい」「丸い」が簡単すぎてしまうお子様には、ちょうどいい発見になるかもしれません。

 

感想

 

この絵本、表紙を見て「小さい子向けの比較絵本かな」と思っていたのですが読んでみてびっくり!大人の私でもおもしろい!

絵本って、中を読むまでわからないですね。

 

基本的な英語のみで簡単に読めて、"Which is ○○?"という日常でも使えるフレーズが覚えられると思います。

我が家でも、この絵本を読んだあと娘と家の中で"Which is bigger?"と色々なものを比べて楽しみました。

 

単純に「どっちが大きい?」とクイズのように楽しめるので小さいお子様にはもちろんですが、「どっちが大きい?」という質問に「そんなの簡単すぎるよ!」と言うくらい慣れてしまったお子様にはきっと新発見

この絵本を読むと、色々な物の見方が変わってくると思います。

 

英語版

 

日本語版
ママダ ミネコ
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間500冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告