4歳

2人の意外な過去!『リサとガスパールのであい』読んでみた。

 

子供から大人まで人気の、リサとガスパール。

日本でもアニメ化され、たくさんのグッズが出ています。

 

今回は、そんなリサとガスパールの過去がわかる1冊をご紹介します。

そういえば2人って、どうやって仲良くなったの…?

 

リサとガスパールのであい

 


リサとガスパールのであい

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 26ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784893092540

 

どんな本?

 

子供から大人まで人気のリサとガスパール。

白と黒の名コンビですが、実は思いがけない出会い方をしていたんです。

 

新学期が始まった日、ガスパールの学校に転校生がやってきました。

それが、リサです。

 

友達が口々に「君たち2人は似てるね」と言う中、なんだか納得いかないガスパール。

ああでもないこうでもないと茶化されて、だんだんリサのことが嫌になってしまいます。

 

そんな時、先生に「リサを連れて学校を案内してあげて」と頼まれます。

「2人は本当によく似ているわね」なんて言われ、ついに不満が爆発します。

そしてガスパールの一言でリサも激怒、2人はとっくみあいの喧嘩に…

 

まさかの展開、このあと一体どうやって仲良くなるのでしょうか?

 

仲良し2人の、意外な過去。

リサガスシリーズの中でも、欠かせない1冊です。

 

感想

 

作者のアン・グッドマンさん(文)とゲオルグ・ハンスレーベン(絵)さんは、ご夫婦。

ペネロペシリーズも手掛けている2人です。

リサとガスパールの絵本はイラストと文章で世界観ができあがっていて、読んでいるといつの間にか入り込んでしまいます。

 

今回読んだ作品では、ガスパール視点でお話が進みます。

ちょっぴりいじわる言ったり、とっくみあいの喧嘩をしたのにひょんなことから仲良くなったり。

幼稚園児の娘は、そんな2人の姿を楽しんでいるようです。

 

2人のトレードマークのマフラーも、こんな成り行きがあったとは驚き。

文中に先生やお友達の名前がたくさん出てくるので、自分も仲間に入った気分で楽しめる絵本です。

 

日本語版
アン・グッドマン(文) ゲオルグ・ハレンスレーベン(絵) 石津ちひろ(訳)

 

英語版

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間500冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告