知育

子供の語彙力を上げる絵本『しりとり』読んでみた。

 

いつでもどこでも、何の道具も使わずに楽しめる遊び。

言葉を覚えた子供なら誰でもできるのが、しりとりです。

 

今回は、そんなしりとりを楽しみながら語彙も増やせる楽しい絵本をご紹介します。

 

はじめてのぼうけん4 しりとり

 


しりとり (はじめてのぼうけん)

カタカナ なし
漢字 なし
ページ数 36ページ
本のサイズ B6くらい
おすすめ月齢 2歳

ISBNコード:9784591065617

 

どんな本?

 

『ぴょーん』などでお馴染みのまつおかたつひでさんが描く、しりとり絵本。

イラストはデフォルメされたものではなく、とてもリアルです。

 

ひと→とんび→びわ→わに→にわとり…

「ひと」から始まり、「ひと」で終わるイラストが始まります。

 

動物、食べ物、鳥、虫と登場するのも様々。

全部で33のものに出会えます。

 

ただイラストが描かれているのではなく、「とんび」が「びわ」をつついていたり、「びわ」の木に「わに」がつかまっていたりと前のものに関連するイラストで退屈せずに進みます。

 

他にも「ばく」「もるもっと」「とき」など、普段あまり聞かない単語が多いのもこの絵本の特徴。

しりとりを楽しみながら、語彙力を増やせる1冊です。

 

感想

 

しりとり絵本というと、りんご→ごりら→らっぱ…などよく聞くものがありますが、この絵本には普段聞かないような珍しいものが多く出てきます。

幼稚園に通う娘は「ばく」「びわ」「とき」など知らないものも多く、新しく覚えるきっかけになりました。

 

くもやすずむしなどの虫も出てきますが、ページをめくって一瞬びっくりしてしまうくらいに絵がリアルです。

でも、わが家はなるべく実物に近いもので覚えてほしかったのでこちらの絵本に大満足。

モンテッソーリ教育に興味のあるご家庭にもおすすめです。

 

最後は「ひと」で終わるので、繰り返し楽しめて娘は何度も声に出して読んでいます。

しりとりのレパートリーにマンネリ化しているお子様は、きっとこの絵本で新しい単語に出会えるのではないでしょうか。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告