4歳

たくさんの愛を感じるお誕生日絵本『たんじょうびはいつも』読んでみた。

 

娘の5歳の誕生日。

楽しみな気持ちを大きくしてほしいと、誕生日の絵本をたくさん探しました。

 

今回は『にじいろのさかな』作者が描く、たくさんの愛が感じられる1冊をご紹介します。

 

たんじょうびはいつも

 


たんじょうびはいつも (世界の絵本)

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 25ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784062619974

 

どんな本?

 

今日はこぐまくんの誕生日。

それなのに、朝ママがおめでとうと言ってくれただけでみんないなくなってしまいました。

みんな、誕生日のこと忘れちゃったのかな…

 

そのとき、どこかからママの声が聞こえてきます。

行ってみると、そこにはあおじいちゃん、おばあちゃん、パパ、お兄ちゃん、妹、ガールフレンドに友達も!

 

ママは大きなケーキを持って迎えてくれました。

そして、こぐまにこんなお祈りをします。

「くまの幸せが、全部あなたのものになりますように。」

 

ハッピーバースデーの歌を歌い終わると、今度はお兄ちゃんのお祈りの言葉。

「友達がいっぱいできますように」。

 

ガールフレンド、パパ、妹、友達…

それぞれがこぐまを思ったお祈りをしてくれ、ろうそくの火を吹き消したこぐま。

最後に、自分でお祈りしたのはどんなこと…?

 

『にじいろのさかな』などで有名なマーカス・フィスターさんの作品。

みんなからのお祈りの言葉で、愛されていることを実感できる絵本です。

 

感想

 

1年に1度の誕生日、誰かにとっては普通の日でも、本人にとってはドキドキソワソワする特別な日ですよね。

この絵本は講談社から出ている<世界の絵本>シリーズのマーカス・フィスターの本の1冊。

親しいくまたちが集まり、大好きなこぐまの誕生日を祝う温かい絵本です。

 

友達のお祈りの中では「毛があると、怪我なし!」というシャレたことわざが登場したり、ガールフレンドという女の子が登場したりするので4歳くらいからが理解しやすいのかなと思いました。

年少さんだと少し文量が多いかな?という感じですが、それぞれの願い事がページごとに分けて書かれているので読み聞かせしやすかったです。

 

ちなみに、私は妹のお祈りが可愛らしく大好き。

娘は、こんなにたくさんの人に愛されて幸せを願ってもらっていることをまだ気づいていないかもしれませんが絵本のようにきちんと言葉にして伝えることは大事だなと思いました。

 

子供たちも、自分が愛されているという自信を持ち、自分を大切にしてほしいです。

お誕生日おめでとう、誕生日がいつも、素敵な日になりますように。

 

マーカス・フィスター(作) 斉藤 洋(訳)/講談社
賛否両論ある感想、あなたはどっち?『THE RAINBOW FISH』英語絵本を読んだ内容と感想。世界中で人気のキラキラ絵本、英語で読んでみました。馴染みある絵本なら、親も子も挑戦しやすい。考えさせられるテーマで大切なことを学びます。...
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告