4歳

子供のはじめて応援シリーズ『ひとりでえほんかいました』読んでみた。

 

2歳頃からはじまるイヤイヤ期。

そして成長につれできることが増えてくると、何でも自分でやりたがる子供たち。

 

そんな子供の気持ちを応援する、アリス館の絵本シリーズがあります。

今回は、初めて一人で絵本を買いに行く女の子のハラハラドキドキ物語を紹介します。

 

ひとりでえほんかいました

 


ひとりでえほんかいました

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784752008095

 

どんな本?

 

お誕生日おめでとう!

かおりちゃんのお誕生日パーティー、家族みんなでお祝いです。

 

今年はかおりちゃん、プレゼントに「一人でお買い物券」を自分で作りました。

それほどまでに、1人でお買い物をしたくてたまらないのです。

 

そして迎えたお買い物当日。

おばあちゃんと一緒に本屋さんに向かい、本屋さんの前で分かれます。

 

かおりちゃん、ついに一人でお買い物…と思ったら、大変なことが。

ピンチを乗り越える姿に勇気をもらい、子供たちのはじめてを応援してくれる絵本です。

 

感想

 

すっかりお姉さんになった5歳娘、セルフレジやSuicaのタッチなど「やりたい!〇〇がやる!」となんでもやりたがります。

なのでこの絵本も興味津々。

一人でお買い物を頑張るかおりちゃんを見て羨ましがっています。

 

子供たちのお買い物というと「おつかい」が頭に浮かびますが、あれは頼まれたものを「買ってくるというミッション。

この絵本のお話は、少し違います。

 

かおりちゃんが自分で行きたい場所に行き、自分で欲しいものを決めるという自主性の高いお買い物なのです。

馴染みの本屋さんでたくさんの絵本の中から自分で決めた1冊を買うという、ただそれだけのことも子供にとっては一大事。

 

周りの大人にサポートされ、自分でできた!と自信をつける姿が生き生きと輝いて見える作品でした。

色んなことが経験になり、子供たちを更に豊かにしてくれますね。

 

くすのき しげのり(作) ゆーち みえこ(絵)/アリス館

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告