3歳

図書館でも予約待ちの人気絵本『おやくそくえほん はじめての「よのなかルールブック」』読んでみた。

 

子育てをしていると、大変なことってたくさんありますよね。

小さい頃は手がかかり、成長と共にイヤイヤ期。

教えることもいっぱいです。

 

そんなパパママから大絶賛の絵本があります。

小学校入学前後に身につけたい42の習慣が載った、おやくそく絵本をご紹介します。

 

おやくそくえほん はじめての「よのなかルールブック」

 


おやくそくえほん: はじめての「よのなかルールブック」

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 56ページ
本のサイズ B5くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784284204675

 

どんな本?

 

「子どもにこれだけは身につけてほしい!」

「でも、どう伝えたらいいのかわからない……」

 

そんな大切な42の習慣を、理由も含めてまとめた絵本。

基本的なことからハッとするようなことまで、子供たちにわかりやすい言葉で説明してくれます。

 

このように、「おやくそく」と「その理由」がカラフルなイラストで描かれているので説教臭さがないところもポイント。

しっかり絵本として楽しめる内容になっています。

 

こんなおやくそくが載っています

・なにかしてもらったら、「ありがとう」という
・なにかしてしまったら、「ごめんなさい」という
・せきやくしゃみをするときは、てやハンカチでくちをふさぐ
・「いや」とかんじたことは、ちゃんとあいてにつたえる
・ようじがあるなら、じぶんでいく
・ふきげんでいない
・きらいなたべものでも、ひとくちたべてみる
・ひとのなまえはしっかりおぼえる
・ものをわたすときは、ていねいに
・おみせのしょうひんをベタベタさわらない
・じぶんをすきでいる

 

子供だけでなく、大人にも刺さる内容もたくさん。

帯には「しつけ絵本」と書かれていますが、親子で楽しみながら読める1冊です。

 

感想

 

花まる学習会代表・高濱正伸先生監修の人気絵本です。

「~してはいけない」「~しない」という否定文が多いというレビューも見かけましたが、私はそこまで気になりませんでした。

 

個人的に「しつけ」という言葉があまり好きではないので、本の帯にある「親子で読めるしつけ絵本」というのが気になっていたのですが読んでみると全く嫌な感じがせず、思っていたより柔らかい絵本で楽しんで読めました。

イラストも言葉も子供向きで、4歳娘が1人読みするほど。

長い文章ではなく、箇条書きのように1ページごとに1つのおやくそくが書かれているので逆に読みやすいのかもしれません。

 

たくさんのおやくそくがあり、最後にはチェック表も。

娘とはひとつ読むごとに「できているかな?」と〇をつけながら進みましたが、まずザーッと読んで最後にチェックするのも良さそうです。

 

一般常識的なことから礼儀作法まで様々載っていますが、私は一番最後の

・自分を好きでいる

というお約束が素敵だなと思いました。

自分で素敵だなと思える自分になれたら、それはもう無敵のメンタルを手に入れたのと同じだと思うので「おやくそく」として意識しながらどんどん自分を好きになってほしいです。

 

子供だけでなく、大人もやった方が良いことばかりなので親子で読みながら再確認しています。

 

おやくそくえほん
高濱 正伸(監修) 林 ユミ(絵)/日本図書センター

 

あんしんえほん
高濱 正伸(監修) 林 ユミ(絵)/日本図書センター

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告