3歳

小さくなって大冒険!美しい色鉛筆絵本『チリとチリリ はらっぱのおはなし』読んでみた。

 

2003年に出版されて以来、繊細なイラストとファンタジー要素あふれるストーリーが人気の「チリとチリリ」シリーズ。

記事執筆時点では8作目まで出版されています。

 

今回は、チリとチリリが小さくなっちゃうシリーズ第4弾を紹介します。

一緒に草花の世界に飛び込みましょう。

 

チリとチリリ はらっぱのおはなし

 


チリとチリリ―はらっぱのおはなし

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784752003717

 

どんな本?

 

おうちの前の原っぱで遊んでいた、チリとチリリ。

チリチリリ チリチリリ

草むらを通って自転車で走っていくと…

 

あれ?

目の前に大きなシロツメクサ。

いつの間にか小さくなっているチリとチリリですが、それを気にせずはらっぱの世界を楽しみます。

 

ハナバチについていきはちみつでできたボールカステラを食べたり。

コガネムシの作ったしぼりたて葉っぱのミックスジュースを飲んだり。

 

はらっぱならではのおいしいものを堪能。

そして出会ったトカゲについていき、ちょっとお手伝い。

一体なにができるのでしょうか。

 

色鉛筆の繊細さが際立つ、草むらのファンタジー。

小さくなった気分で楽しめるお話です。

 

感想

 

先日こちらのシリーズ『チリとチリリゆきのひのおはなし』を読んだ娘がすっかり気に入り、全シリーズ読みたい!と集めはじめました。

優しい雰囲気溢れるイラストの中に生き物がたくさん登場するところが気に入ったようです。

 

チリとチリリは表紙の女の子の名前ですが、絵本の中で自転車の音としても登場します。

チリチリリ チリチリリ、つい口ずさみたくなる心地の良いリズムです。

 

自転車に乗って色んなところに行く2人、今回は小さくなって草むらなどを走ります。

虫たちと同じ目線で楽しむ世界に興味津々、先日しろつめくさでブレスレットを作ったばかりの娘は嬉しそうです。

 

色鉛筆ならではの優しい雰囲気を感じる絵本で、わが家ではパパもこのシリーズがお気に入り。

どのお話も1冊で完結するので、ぜひお好みの1冊から楽しんでみてくださいね。

 

第4弾 はらっぱのおはなし

 

第1弾

 

第2弾

 

第3弾

 

第5弾

 

第6弾

 

第7弾

 

第8弾

 

冬を楽しむ淡くて繊細な雪絵本『チリとチリリゆきのひのおはなし』読んでみた。ふわふわひんやりホッと一息…。冬の魅力がぎゅっと詰まったイラスト、チリとチリリシリーズから雪の日を楽しむ1冊を紹介します。...
色鉛筆が超繊細!雨の日のファンタジー絵本『チリとチリリあめのひのおはなし』読んでみた。2003年に1作目が誕生し、20年近く愛されるシリーズ絵本。見入ってしまうほど繊細なイラストで描かれた、梅雨にぴったりの雨の日絵本を紹介します。...
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告