子育てLIFE

子供が喜ぶしかけ付き絵本『おつきさまはどこいった?』読んでみた。

 

夜になると空に輝き、どこまでも付いてくるお月さま。

幼稚園頃になると子供たちはそれに気付き、「お月さまが付いてくる!」と大発見の顔を見せてくれますよね。

 

今回は、そんな子供たちと同じ大発見から、昼間はどこにいるのかと探しに行くねずみたちのお話をご紹介します。

ちょっとしたしかけつきで、めくるのが楽しい絵本です。

 

おつきさまはどこいった?

 


おつきさまはどこいった?

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 25ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 2歳

ISBNコード:9784865492514

 

どんな本?

 

仲良しねずみのチュッチュとチュピー。

夜空の下をお散歩していると、どこまでもお月さまが付いてくることに気付きます。

 

お月さま、僕たちのことが好きみたいだね。

 

そんなことを言いながら迎えた翌日。

今度は、昼間はお月さまが見えないことに気付きます。

 

お月さまはどこにいるんだろう?探しにいこう!

 

そしてお月さま探しに出かけた2匹。

少し歩くと木の上に早速黄色い丸を見つけます。

チョロチョロと木を登っていくと…。

 

ねずみたちのお月さま探しのお話です。

この絵本のしかけは、ページに丸や窓の形に穴があいていること。

そこから、次のページの黄色が覗いて見える仕組みです。

 

お月さまだと喜んで駆け寄ってみると、実はそれは…

という黄色い勘違いが何度もあるので、次は何だろうとワクワクしながら読み進められるお話。

 

ねずみたちは、無事にお月さまを見つけられたのでしょうか?

全国学校図書館協議会選定図書、日本子どもの本研究会選定図書にも選ばれた絵本です。

 

感想

 

しかけ絵本とは知らずに読んだので、娘が大喜び。

丸くくりぬかれた黄色、くりぬかれた窓枠から覗く黄色、どれもこれも月に見えますがめくると全く違うものが。

めくったり、戻ったりとペラペラ楽しんでいました。

 

イラストがとても可愛らしく、色遣いもカラフルなので子供ウケはバツグンに良いと思います。

イラストを担当した小林ゆき子さんの作品では、こちらもおすすめです。

七夕にぴったりの工作を楽しめる!『おってきってたのしい!たなばたまつり』読んでみた。3歳から楽しめる!はさみと折り紙だけの簡単工作ですが、子供の想像力と好奇心をくすぐる福音館書店『かがくのとも』で出版された1冊。出版社でも品切れ中の絵本を、読んでみました。...

 

娘も、2,3歳くらいの頃「お月さまがずっとついてくる!」と気付いた時はとても嬉しそうにしていたのを覚えています。

「○○のこと好きなのかな?」とニヤニヤして、それから寝る前に窓の外を眺めてお月さまを探したり、お月さまが大好きになりました。

 

4歳になり、パパに月食の説明をしてもらうときに太陽と月の位置関係を教えてもらい、昼間に月が見えない理由を知りました。

年代によって楽しみ方が変わりますが、娘はこの絵本が大好きです。(特にラストに登場する驚きの「黄色」がお気に入り。)

 

お月見のお話ではないので、1年中同じ楽しみ方ができるのが嬉しい絵本です。

 

新井 洋行(作) 小林 ゆき子(絵)/ひさかたチャイルド

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告