4歳

未就学児の算数脳を鍛える絵本『さんすうだいすき③かずってなんだ?①』読んでみた。

 

幼稚園児の娘が気に入っている算数の絵本があります。

未就学児が算数の概念を学ぶのにぴったりで、お受験ママにも評判の絵本。

 

\↓大きい・小さいなど、量に関する概念についてはこちら/

幼児期に算数脳を育てる知育絵本『さんすうだいすき①どちらがおおきい?』読んでみた。数学者の遠山啓先生が提唱する「水道方式」に基づいた知育絵本。教科書っぽさがなく、自然に「算数の基礎的な概念」を理解することができます。幼稚園児の子供と読んだ感想をご紹介します。...

\↓仲間外れ・どちらが多いなど、集合・対応の概念についてはこちら/

幼児期に算数脳を育てる知育絵本『さんすうだいすき②なかまあつめ』を読んでみた。数学者の遠山啓先生が提唱する「水道方式」に基づいた知育絵本。問題の羅列ではなく、絵本のお話の中に自然に「どれだと思う?」と考えるきっかけが出てきます。幼稚園児の子供と読んだ感想をご紹介します。...

 

1巻、2巻がスムーズに終わったので、「0~5までの数」がテーマの第3巻を娘と読みました。

幼稚園児の子供の理解度・反応をご紹介します。

 

さんすうだいすき③ かずってなんだ?①

 


さんすうだいすき 第3巻 かずってなんだ?(1)0~5まで

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 55ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 4歳

ISBNコード:9784284202183

 

どんな本?

 

この本は、3,4歳~小学校低学年までを対象とした絵本シリーズの第3巻。

「水道方式」という理論にもとづいて作られた知育絵本です。

 

水道方式とは?

数学者の遠山啓先生が中心となって提唱した「計算方法の最も基礎的な概念や手順を効率よく理解させるための理論」のこと。

現在でも数学教育協議会など多くの数学者たちが研究・実践を行っており、「SUIDO・METHOD」という名前で国際的にも評価されています。

 

第3巻は主に3~4歳の幼児向けで、絵本を読むことで「数と数字」「0について」「足し算、引き算」などの0~5に関する概念を理解できるようになっています。

 

具体的にこの本で学べるのは

・動物と同じ数のタイルを探そう
・数と数字の関係
・数の色んな表し方
・形が変わると数はどうなるか
・1つずつ増える… など

 

教科書的ではなく、クイズを解きながら絵本を読むような感覚になれるのが人気の秘密。

ページごとにイラストが変わり、頭を切り替えやすい作りになっています。

 

1巻、2巻に比べるといよいよ算数らしく数式が出てきますが、大きな文字でわかりやすい。

算数の理解に必要な数の概念を身につけたい方におすすめの1冊です。

 

感想

 

幼稚園児の娘が、5日(合計2時間ほど)で読み終わりました。

1,2巻より少し算数らしくなり、幼稚園児の子供が1人で読むのは難しそうなので一緒に読み進めました。

でも、娘の様子としてはクイズしながら絵本を読んでいる感じで楽しんでいました。

 

実はこの絵本とは別に未就学児向けの算数ドリルのようなものにも取り組んでいたのですが、そちらばかり進めていたところ娘がドリルを嫌がるようになってしまいました。

やってみよう、やってみよう、ばかりで疲れてしまったようです。

 

そこで一度そのドリルをやめて、さんすうだいすきに戻ってみました。

こちらはあくまで「絵本」なので、娘にとっても勉強感がなく、ページごとにイラストの雰囲気が変わるので次はどんなページかな?と興味がわくようです。

ドリルでつまずいていた引き算(いくつ残る?)も、この絵本だと数式を書きながら解けるようになってびっくり。

親の目から見ても、とてもわかりやすい絵本です。

 

今回私が1番良いなと思ったのはカードの穴埋め。

「3匹のてんとうむしの絵」、「3つのタイルの絵」、ひらがなの「さん」、数字の「3」…どれも3を表すカードが1列に並びます。

その下に、2や5についても同じようなカードが並び、ところどころ穴があいていているのを別ページに描かれたカードで埋めていくという問題です。

 

数字の概念が一致することはもちろん、表を完成させるためには規則性にも気付かないといけません。

とても良い問題だなと思いました。

 

娘は3巻で「0」をきちんと理解して、今まで言わなかったのに何かなくなると「れい!って言うんだよ。」と言うようになりました。

こうして自信満々に発言する姿はとても嬉しい変化です。

 

だんだんと算数らしくなりますが、第4巻にステップアップしてみようと思います。

知育の側面で絵本をお探しの方、お受験準備にもおすすめの絵本です。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間300冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューではできるだけ『英語版・日本語版』の両方リンクを貼れるよう探しています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告