5歳

2桁の数字を理解する算数絵本『さんすうだいすき⑥かずってなんだ?②6から99まで』読んでみた。

 

幼稚園児の娘が、自分から読みたがる大好きな算数絵本があります。

未就学児が算数の概念を学ぶのにぴったりで、お受験ママにも評判の絵本。

 

\↓大きい・小さいなど、量に関する概念についてはこちら/

幼児期に算数脳を育てる知育絵本『さんすうだいすき①どちらがおおきい?』読んでみた。数学者の遠山啓先生が提唱する「水道方式」に基づいた知育絵本。教科書っぽさがなく、自然に「算数の基礎的な概念」を理解することができます。幼稚園児の子供と読んだ感想をご紹介します。...

\↓仲間外れ・どちらが多いなど、集合・対応の概念についてはこちら/

幼児期に算数脳を育てる知育絵本『さんすうだいすき②なかまあつめ』を読んでみた。数学者の遠山啓先生が提唱する「水道方式」に基づいた知育絵本。問題の羅列ではなく、絵本のお話の中に自然に「どれだと思う?」と考えるきっかけが出てきます。幼稚園児の子供と読んだ感想をご紹介します。...

\↓0~5までの数、簡単な数式はこちら/

未就学児の算数脳を鍛える絵本『さんすうだいすき③かずってなんだ?①』読んでみた。遠山先生のさんすうだいすきシリーズ、幼稚園児の娘が楽しんでいるので3巻に進みました。教科書や問題集とは違う、遊び感覚で地頭をよくする絵本を子供の様子などもあわせてご紹介します。...

 

スムーズに終わった1巻、2巻に比べ3巻以降は算数らしく計算なども出てきましたが、今回はステップアップして2桁の数を理解する6巻です。

幼稚園児(年中)の子供の理解度・反応をご紹介します。

 

さんすうだいすき⑥かずってなんだ?②6から99まで

 


さんすうだいすき 第6巻 かずってなんだ?(2)6から99まで

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 56ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 5歳

ISBNコード:9784284202213

 

どんな本?

 

この本は、3,4歳~小学校低学年までを対象とした絵本シリーズの第6巻。

「水道方式」という理論にもとづいて作られた知育絵本です。

 

水道方式とは?

数学者の遠山啓先生が中心となって提唱した「計算方法の最も基礎的な概念や手順を効率よく理解させるための理論」のこと。

現在でも数学教育協議会など多くの数学者たちが研究・実践を行っており、「SUIDO・METHOD」という名前で国際的にも評価されています。

 

第6巻は主に4~6歳の幼児向けで、絵本を読むことで「十の位・一の位」を理解し、2桁の数字を読み解くことができるようになっています。

 

具体的にこの本で学べるのは

・5より多い数について
・9のものを見つける
・左右の川から流れてくるものを合わせるといくつ?
・バラバラの卵を数える
・5、10でまとめる
・十の位と一の位
・数字、ひらがな、タイルを一致させる など

 

教科書的ではなく、クイズを解きながら絵本を読むような感覚になれるのが人気の秘密。

この巻では、6以上の数字を十の位・一の位まできちんと理解し、大きな数の足し算や引き算を解くことを目標としています。

 

大きな文字でわかりやすく、途中に雰囲気を変えるようにイラストが入り子供が最後まで楽しめる工夫がいっぱい。

算数の理解に必要な地頭を鍛えたい方におすすめの1冊です。

 

感想

 

幼稚園児の娘が、4日(合計2.5時間ほど)で読み終わりました。

今回は、1~5巻と比べかなり時間をかけて進めました。

 

本の前半は6~9までをおさらいしたり、5+7=?など答えが10を超える計算をやりますが、中盤で「バラバラの卵を数える」という項目が出てきます。

バラバラだと数えにくいのでケースに入れて、ついでに10のかたまりで分けるとパッと見ていくつかわかるね、というもの。

 

試しに娘がケースに入れた卵、私がバラバラの卵を数えて競争してみますが、やはりバラバラの卵を数える私は負けてしまいました。

まとめることでパッと見て数がわかるようになるということ、10や5のまとまりがひとつのくくりになることを体験して繰り返すことで娘も慣れてきました。

 

この仕組みがわかったら、大きな数も理解できるようになりますし10を超える計算問題も解けるようになります。

 

足し算・引き算は問題なく解ける幼稚園児娘でしたが、やはり数が増えると時間がかかる様子。

十の位と一の位を分けて考えることにも苦戦していました。

 

さんすうだいすきシリーズは足し算・引き算が終わったから次は掛け算…といった内容ではなく、算数を理解するための地頭を鍛えることができるとても良い絵本だと思います。

7巻は繰り上がり・繰り下がりの計算で、幼稚園の娘はこの6巻までで十分算数の理解が深まったと思うので7巻以降は少し期間を開けて挑戦してみようと思います。

 

最初は易しく、途中で息抜きのようにちょっとしたクイズが描かれていたりと楽しみながら最後まで読み切れるのがこの絵本シリーズの魅力だと思います。

知育の側面で絵本をお探しの方、お受験準備にもおすすめのシリーズです。

 

 

ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママ。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好きです。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告