3歳

幻想的な海の世界を自転車で『チリとチリリうみのおはなし』読んでみた。

 

2003年に出版されて以来、繊細なイラストとファンタジー要素あふれるストーリーが人気の「チリとチリリ」シリーズ。

記事執筆時点では8作目まで出版されています。

 

今回は、幻想的な海の世界を楽しめるシリーズ第2弾を紹介します。

宝石にキラキラスイーツ、夢いっぱいのファンタジー物語です。

 

チリとチリリ うみのおはなし

 


チリとチリリうみのおはなし

カタカナ あり(ルビなし)
漢字 なし
ページ数 32ページ
本のサイズ A4くらい
おすすめ月齢 3歳

ISBNコード:9784752002857

 

どんな本?

 

自転車でお散歩していたチリとチリリ、不思議な洞窟を発見。

チリチリリ チリチリリ

入ってみると…

 

出口はなんと、海の中。

サンゴの迷路を走り抜け、素敵なパーラーを発見します。

 

色とりどりの貝殻ソファー、チリは”波の泡パフェ”、チリリは”うみのソーダゼリー真珠クリームのせ”を食べて大満喫。

中に入っていた綺麗な貝殻を大切にポケットにしまいまた出発します。

 

海のホール、それからお店を発見し…

このあと、この貝殻が素敵な宝物に変身しますよ。

 

キラキラのスイーツや宝石、色とりどりの魚たちと過ごす楽しい時間。

色鉛筆の繊細さが際立つ、青く澄んだ海のファンタジー物語です。

 

感想

 

先日こちらのシリーズ『チリとチリリゆきのひのおはなし』を読んだ娘がすっかり気に入り、全シリーズ読みたい!と集めはじめました。

優しい雰囲気溢れるイラストの中に生き物がたくさん登場するところが好きなようです。

 

チリとチリリは表紙の女の子の名前ですが、絵本の中で自転車の音としても登場します。

チリチリリ チリチリリ、つい口ずさみたくなる心地の良いリズムです。

 

自転車に乗って色んなところに行くシリーズなのですが、今回海ということで海の中を自転車で走ります。

現実にはありえないことが起こる、絵本ならではの夢みたいなお話が堪能できました。

 

貝殻ソファーがいっぱいのパーラーでどれに座りたい?と聞いてみると、真珠の二枚貝ソファーを選んだ娘。

ちょうどチリリが選んだものと同じだったのでとても喜んでいました。

 

色鉛筆ならではの優しい雰囲気を感じる絵本で、わが家ではパパもこのシリーズがお気に入り。

ぽうっと光る明るさや、キラキラの輝きなど繊細なイラストにうっとりしてしまいます。

 

どのお話も1冊で完結するので、ぜひお好みの1冊から楽しんでみてくださいね。

 

第2弾 うみのおはなし

 

第1弾

 

第3弾

 

第4弾

 

第5弾

 

第6弾

 

第7弾

 

第8弾

 

冬を楽しむ淡くて繊細な雪絵本『チリとチリリゆきのひのおはなし』読んでみた。ふわふわひんやりホッと一息…。冬の魅力がぎゅっと詰まったイラスト、チリとチリリシリーズから雪の日を楽しむ1冊を紹介します。...
色鉛筆が超繊細!雨の日のファンタジー絵本『チリとチリリあめのひのおはなし』読んでみた。2003年に1作目が誕生し、20年近く愛されるシリーズ絵本。見入ってしまうほど繊細なイラストで描かれた、梅雨にぴったりの雨の日絵本を紹介します。...
ABOUT ME
よめたん
よめたん
娘・息子を育てる英語好きなワーキングママが作る、絵本辞典サイト。 英語絵本を中心に、年間1800冊。 子供と絵本を読む穏やかな時間が大好き。 絵本のレビューでは『英語版・日本語版』の両リンクを貼れるよう努めています。 『子供も自分も楽しく』をモットーに子育て中。 皆様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。
スポンサーリンク
広告